筋トレメニュー

ヒップ引き締め効果も!「大臀筋」の鍛え方【筋トレ・部位・メニュー】

大臀筋はお尻の筋肉です。

鍛えることでヒップラインの引き締めの効果があることで知られています。

ここでは大臀筋の鍛え方について紹介します。

大臀筋とは?

尻の筋肉である臀筋群は大臀筋、中臀筋、小臀筋の三層構造をしていて、股関節の伸展の働きをします。

大臀筋は臀筋群の中でももっとも大きく、日常においてもさまざまな場面で使われる筋肉です。

また大臀筋は身体の中でももっとも大きな筋肉であり、見落とされがちながら実はボディメイクには避けて通ることのでいない部位です。

大臀筋を鍛えるメリット

・ヒップアップ効果

大臀筋はお尻の大部分を占め、なおかつ表層の部分に位置するので、

鍛え上げることで引き締まり、ヒップアップ効果が期待できます。

見映えの良いヒップになり、さらに脚が長く見える効果もあります。

・基礎代謝がアップする

筋肉の量が増えるほど基礎代謝は上がります。

身体の中でも最も大きな筋肉である大臀筋が発達すれば、大幅な代謝アップ効果が期待できます。

・脂肪が落ちやすくなる

大臀筋を鍛えるとお腹周りの脂肪が落ちやすくなると言われています。

たるんだお腹の原因は無駄な脂肪がついているからです。

・ボディラインは綺麗になる

大臀筋は骨盤が繋がっており、大臀筋を鍛えると骨盤が刺激されてウエストが引き締まります。

ウエストが引き締まることで身体にメリハリがつき、美しいボディラインになります。

大臀筋を鍛える自重トレーニング

・スクワット

大臀筋を含め下半身を総合的に鍛えられるのがスクワットです。

スクワットは筋トレBIG3とも言われスクワット1回が腹筋100回分の消費カロリーに匹敵するとまで言われています。

【スクワットのやり方】

・ワイドスクワット

より大臀筋に特化して鍛えたいならワイドスクワットが良いでしょう。

その名の通り足幅をおおきくとって行うスクワットです

やり方は以下の通りです。

1・肩幅より1.5倍くらい足を広げて立ちます。

2.つま先は自然に外側に向けて、背筋を伸ばします。

3.姿勢を保ったまま、ゆっくりと息を吸いながら腰を下ろしていきます。

4.床と太ももが平行になるくらいまで腰を下ろしたら、ゆっくり息を吐きながら戻していきます。

回数の目安は「20回×3セット」です。

関連記事

  1. 筋トレメニュー

    筋トレと有酸素運動の両方をやる場合は順番が大事!【効果・両立】

    筋トレと有酸素運動の両方をセットで行う人も多いと思います。特に…

  2. 筋トレメニュー

    自重トレーニングとウェイトトレーニングのどっちが良いか!?【自宅・ジム】

    筋トレは誰でも気軽に始められるものですが、筋トレ初心者で「やっ…

  3. 筋トレメニュー

    筋トレは速く動かすのとゆっくり動かすのはどっちが正しい?【トレーニング・やり方】

    筋トレで筋肉を動かす速さを「収縮速度」といいます。速く動かすの…

  4. 筋トレメニュー

    大胸筋の鍛え方【筋トレ・部位・種目】

    男らしい分厚い胸板に憧れる男の人も多いと思います。分厚い胸板は…

  5. 筋トレメニュー

    「筋トレのインターバルは短い方が良い」って本当なの!?【トレーニング・やり方】

    筋トレのメニューを組むときにセット間のインターバル(休憩時間)をどれく…

  6. 筋トレメニュー

    上腕三頭筋の鍛え方【筋トレ・部位・メニュー】

    男らしい太くたくましい二の腕に憧れて筋トレをする人は多いと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 身体の仕組み

    体幹トレーニングって何?その意味と効果を紹介【筋トレ・インナーマッスル】
  2. 食事・サプリメント

    ハードゲイナーの「必要カロリー」は?【太る方法・食事】
  3. 身体の仕組み

    ジムに行かなくても大丈夫!自重トレーニングをおすすめする理由【筋トレ・ハードゲイ…
  4. 食事・サプリメント

    飲み方は?種類は?プロテインの基礎知識【筋トレ・栄養】
  5. 筋トレメニュー

    筋トレは「大きい筋肉」から鍛えるのがの基本【部位・順番・ハードゲイナー】
PAGE TOP