身体の仕組み

身体を大きくするために適切な脂質の摂取【ハードゲイナー・太る方法】

健康ブームやダイエット志向の高まりによって、脂質はなにかと悪者にされがちな栄養素です。

脂っこいものはなるべく食べない方が良いという根強い風潮があります。

たしかに脂質の摂りすぎは健康を害する原因になります。

しかし脂質は炭水化物、タンパク質と並ぶ三大栄養素であり、身体のエネルギー源、細胞膜を構成する重要な栄養素です。

特にハードゲイナーなどの太りにくい体質の人には、脱ガリガリのために必須の栄養素と言えます。

ここでは脂質について紹介します。

脂質とは?

脂質は体内で1gあたり9kcalとなり、三大栄養素のなかで一番高いエネルギーになります。

脂質は主に小腸で消化、吸収されてエネルギー源として使われるほか、細胞膜の原料になるなど、体内で重要な役割を果たしています。

体の中で作ることができない必須脂肪酸が脂質には含まれており、これが体の細胞膜の成分やホルモンの材料となるのです。

脂質が不足すると発達の障害や皮膚炎の原因になったりします。

一方で摂りすぎると中性脂肪として体内に蓄えられ肥満の原因にもなります。

脂質の摂取量の目安

脂質は採り過ぎも極端な制限も身体によくありません。

1日あたりの目安の摂取量としては、1日に必要なエネルギーの20~30%ほどを脂質から摂るのが望ましいと言われています。

1gあたり9kcalなので、1日2000kcal必要な人はだいたい55gの脂質を摂取するのが良いということです。

飽和脂肪酸は要注意

脂質は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸にわけられます。

飽和脂肪酸は動物性の脂に多く含まれていて、悪玉コレステロールを増やしてしまう働きがあり、摂り過ぎると血液の流れが悪くなり、病気のリスクが高くなってしまいます。

主な飽和脂肪酸を含む食品です。

・バター

・チーズ

・生クリーム

・マーガリン

・チョコレート

・牛肉

身体に良い不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸はそ主に魚や大豆などの植物性の脂肪に多く含まれています。

脂肪酸は主に体のエネルギー源や細胞などをつくる原料となりますが、

不飽和脂肪酸はそれだけではなく悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあり、

血液をサラサラにするなどの健康効果も認められています。

主な不飽和脂肪酸を含む食品です。

・ナッツ類

・大豆類

・魚類

関連記事

  1. 身体の仕組み

    ハードゲイナーにおすすめ!『Super Heavy Weight Gainer 1200 』の特色と…

    ハードゲイナーの人にとって体重を増やすのは切実な問題です。ハー…

  2. 身体の仕組み

    体幹トレーニングって何?その意味と効果を紹介【筋トレ・インナーマッスル】

    体幹トレーニングという言葉を最近よく聞きます。そもそも体幹とは…

  3. 身体の仕組み

    歳をとると筋肉量が増えなくなる?筋トレの限界年齢とは【効果・年齢・アンチエイジング】

    「もう歳だし今更筋トレなんてしても効果ないんじゃない?」なんて…

  4. 身体の仕組み

    筋肉痛を早く治す方法とは?【原因・治し方・予防法・筋トレ】

    慣れない運動した時などに起こる筋肉痛。筋肉痛は筋トレとも切って…

  5. 身体の仕組み

    【筋肥大】仕組みを知らないと失敗するかも!?筋肉の大きくなるメカニズムを知ろう!

    筋肉が大きくなることを「筋肥大」といいます。この筋肥大の仕組み…

  6. 身体の仕組み

    筋トレは若いうちじゃないと効果がない?【筋肉・年齢】

    プロのアスリートの世界では身体能力のピークはだいたい20歳前後と言われ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 身体の仕組み

    身体を大きくするために適切な脂質の摂取【ハードゲイナー・太る方法】
  2. 筋トレアイテム

    ハードゲイナーの人におすすめしたい本5選!【筋トレ・自重・初心者】
  3. 身体の仕組み

    筋肉痛を早く治す方法とは?【原因・治し方・予防法・筋トレ】
  4. 筋トレメニュー

    筋トレは「大きい筋肉」から鍛えるのがの基本【部位・順番・ハードゲイナー】
  5. 太る方法・体質改善

    体重がなかなか増えない理由は過敏性腸症候群かも?【太る方法・ハードゲイナー】
PAGE TOP