身体の仕組み

体幹トレーニングって何?その意味と効果を紹介【筋トレ・インナーマッスル】

体幹トレーニングという言葉を最近よく聞きます。

そもそも体幹とは何なんでしょうか?

ここでは体幹トレーニングの意味とその効果について紹介します。

体幹とは?

体幹とは簡単に言うと身体の「コア」(中心)の部分で、身体の頭部と手足を除いた部分を指します。

体幹は骨と筋肉から構成されています。、骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨などが体幹に該当する骨です。

それらの骨を取り囲むようにあるのが表層筋と深層筋です。

表層筋は身体の表面に近い部分にある筋肉で、深層筋は身体の内側の深い部分にある筋肉です。

これら2つを合わせたものを体幹筋といいます。

表層筋は主に身体を動かすための筋肉で、深層筋は身体を支え軸を安定させるための筋肉です。

両者は連動していて、「支え」がしっかりしているからこそ「動き」が可能になるのです。

ちなみによく耳にする「インナーマッスル」とは深層筋のことです。

体幹トレーニングとはこれらの体幹筋を鍛えるトレーニングのことです。

体幹を鍛えることのメリット

・姿勢が良くなる

体幹筋は体幹は身体の中心にある筋肉ですから、ここを鍛えることで1本の軸が通ったようになり姿勢が良くなります。

猫背を改善したい人は体幹を鍛えるアプローチが非常に有効です。

・代謝が良くなる

筋肉は代謝をよくする働きがあります。

なので筋肉量の多い体幹部分を鍛えると、基礎代謝はアップします。

代謝が良くなると筋トレの効果は高まりさらに筋肉量が増えるという好循環が生まれます。

・基礎体力が向上する

体幹トレーニングによって身体の土台となる筋肉が鍛えられると体力の向上にもつながります。

結果として疲れやすい体質が改善したりします。

また内臓を支える大腰筋が鍛えられるので内臓の働きが良くなり消化機能も改善されます。

・胃下垂が改善される

胃下垂はインナーマッスルが弱くて胃腸を支えきれないことが原因です。

垂れ下がってしまった胃を正しい位置に戻すには体幹トレーニングが有効です。

体幹トレーニングはどれくらいで効果が出る?

インナーマッスルは他の筋肉と比べると鍛えづらい部位です。

他の部位でもそうですが一朝一夕では効果は出ません。

まずは続けていくなかで「動き」のための筋肉と「支え」のための筋肉を意識し体感していくことが大事です。

1週間くらい続ければ自分の身体に対する意識は変わってくるでしょう。

さらに1~2週間続けていくと少しづつ体調面での変化を感じ始めてきます。

そしてだいたい1か月すると基礎代謝が上がったり、体質の変化を感じられるようになります。

頻度は?

体幹の筋群は、遅筋線維なので基本的には毎日トレーニングすることができます。

ただし筋肉痛がある場合には超回復の期間(2~3日)はトレーニングは休みましょう。

関連記事

  1. 身体の仕組み

    基礎代謝アップ!「大腿四頭筋」の鍛え方【筋トレ・部位・メニュー】

    大腿四頭筋は太ももの前面の筋肉です。人間の筋肉の中でも最も大き…

  2. 身体の仕組み

    太いたくましい腕を手に入れる!「前腕筋」の鍛え方【筋トレ・メニュー】

    腕組みをした際、血管や筋が見えるのは前腕筋です。前腕筋が太いと…

  3. 身体の仕組み

    ガリガリなハードゲイナーが太るためにおすすめのプロテインとは!?【ウェイトゲイナー】

    ダイエットのCMや広告は巷にあふれています。それだけ痩せたいと…

  4. 身体の仕組み

    【筋肥大】仕組みを知らないと失敗するかも!?筋肉の大きくなるメカニズムを知ろう!

    筋肉が大きくなることを「筋肥大」といいます。この筋肥大の仕組み…

  5. 身体の仕組み

    筋肉痛を早く治す方法とは?【原因・治し方・予防法・筋トレ】

    慣れない運動した時などに起こる筋肉痛。筋肉痛は筋トレとも切って…

  6. 身体の仕組み

    ハードゲイナーにおすすめ!『Super Heavy Weight Gainer 1200 』の特色と…

    ハードゲイナーの人にとって体重を増やすのは切実な問題です。ハー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 筋トレメニュー

    ウエストを引き締める!「内腹斜筋」の鍛え方【筋トレ・作用】
  2. 筋トレメニュー

    筋トレと有酸素運動の両方をやる場合は順番が大事!【効果・両立】
  3. 筋トレメニュー

    自宅で簡単にできる体幹トレーニングの基本メニュー【筋トレ・部位・種目】
  4. 筋トレメニュー

    姿勢保持効果も!「脊柱起立筋」の鍛え方【筋トレ・部位・自重】
  5. 筋トレメニュー

    自重トレーニングとウェイトトレーニングのどっちが良いか!?【自宅・ジム】
PAGE TOP