太る方法・体質改善

体重がなかなか増えない理由は過敏性腸症候群かも?【太る方法・ハードゲイナー】

なかなか太ることのできない痩せ型の人は「過敏性腸症候群」という病気である場合があります。

体重を増やすためにたくさん食べるとお腹を壊してしまうという方は結構多いのでないでしょうか?

またそうした方は普段から頻繁に便秘や腹痛に見舞われたりするかもしれません。

これらは過敏性腸症候群の主な症状です。

過敏性腸症候群は数ある消化器系の病気の中でももっともよくみられるものです。

女性では20代と50代、男性では30代、40代がに多くみられる病気です。

ここでは過敏性腸症候群について解説します。

過敏性腸症候群とは?

腸に何か異常があるわけでもないのに腹痛を伴った下痢や便秘に慢性的に見舞われる症状を過敏性腸症候群といいます。

一説によると消化器内科を受診する患者の約半数が、過敏性腸症候群だそうです。

レントゲンや内視鏡、便の検査をしてみても、何の異常も見られないのに、症状だけが続きます。

下痢自体は誰にでも起こり、別に珍しいことではないのですが、これが慢性化するとちょっとした刺激に敏感になってしまいます。

検査で異常がみられないため治療が行えず、気付いたら症状が悪化しているなんてこともあります。

原因

過敏性腸症候群の主な原因は以下の通りです。

・不安、緊張など精神的なストレス

神経質な人や生真面目な人などストレスを受けやすい性格の人に発症しやすいです。

最近では受験などのストレスの影響か小・中学生で発症する人も増えているようです。

ストレスが軽減すると症状も軽くなるのが普通です。

会社や学校が休みの日になると腹痛が治るなんて話はよくあります。

腸は他の臓器もよりも脳と密接に関係しています。

腸には脳と同じ神経が多く分布し、それらは自律神経でつながっているのです。

なので精神的なストレスは腸に悪影響を与え、腸の不調が脳にストレスを与えるという悪循環が起こります。

過敏性腸症候群はまさにこの状態です。

・生活リズムの乱れや疲労など身体的なストレス

生活リズムの乱れや疲労によって体がストレスを感じ腸のぜん動運動に変化が生じます。

異常に活発化すると下痢を引き起こし、逆にぜん動運動が鈍くなると便秘を引き起こします。

改善法

・ストレスを溜めないようにする

なんと言っても一番の改善法はストレスの軽減です。

スポーツや趣味などでストレスを発散するように心がけましょう。

心療内科の受診や専門家のカウンセリングを受けた方が良い場合もあります。

また規則正しい生活や栄養バランスのいい食事を摂ることなどもとても大切です。

脳と腸の間で起きている悪循環を断つには両方からのアプローチが有効なのです。

関連記事

  1. 太る方法・体質改善

    寝不足はハードゲイナーの大敵?質の良い睡眠のためにできること【痩せ型・太る方法】

    もはや現代病でもある睡眠不足ですが、身体に悪いと分かっていてもなかなか…

  2. 太る方法・体質改善

    食後の睡魔を回避!眠くならない食事術を紹介します!【太る方法・ハードゲイナー・メニュー】

    ハードゲイナーなどの太りたい人にとっては食事もトレーニングのうちです。…

  3. 太る方法・体質改善

    猫背はガリガリの原因?自宅で出来る改善法【太る方法・ハードゲイナー】

    痩せ型の人で猫背に悩んでいる人は多いです。筆者もばりばりの猫背でした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 食事・サプリメント

    おすすめのマルチビタミンはこれ!Now Foods(ナウフーズ社)の『Adam …
  2. 身体の仕組み

    ハードゲイナーにおすすめ!『Super Heavy Weight Gainer …
  3. 食事・サプリメント

    脱ガリガリの基本!タンパク質の多く含まれる食品とは?【ハードゲイナー・太る方法】…
  4. 筋トレのやり方

    バックエクステンション(背筋)のやり方を解説【筋トレ・自重トレーニング】
  5. 筋トレメニュー

    ウエストを引き締める!「内腹斜筋」の鍛え方【筋トレ・作用】
PAGE TOP