太る方法・体質改善

痩せ型の人が太るために食事以外で気をつけるべきこと【ハードゲイナー・増量・方法】

BMI18.5未満の痩せ型の人は多くの場合食事に問題があります。

1日に必要なカロリーをきちんと摂取できていないのです。

なので太りたいなら何と言っても食事改善が第一です。

ハードゲイナーなど体質的な原因で痩せている人でも食事を改善すれば太ることは可能です。

ただ太れない原因は食事だけではありません。

いくつかの要因が複合的に重なって太れない体質になっている可能性があります。

ここでは痩せ型の人が気をつけるべきことを紹介します。

猫背・骨格の歪み

ひどい猫背や骨盤の歪み、頭蓋骨の歪みなどは多くの人が抱える身体の問題ですが、

これら身体の歪みは体重増加を妨げる要因でもあります。

身体の歪みは各臓器に連結する神経伝達異常・血管圧迫による血液循環異常などを引き起こし、

内臓機能低下や自然治癒力低下につながります。

このような状態では消化器官も正常に働かなくなっていしまいます。

骨盤矯正や猫背改善ストレッチは間接的に脱ガリガリ体型につながります。

なお猫背は筋力不足も原因の一つなので、筋トレで背筋を鍛えれば改善が期待できます。

胃下垂

胃が本来の位置より垂れ下がってしまい消化が上手くできない状態が続くことを胃下垂といいます。

食後しばらく経っても胃の中のものが消化されず溜まったままなので食欲が出ません。

初期の症状であれば筋トレで腹筋を鍛えることで胃が押し上げられ、元の位置にもどる場合があります。

過敏性腸症候群

慢性的に腸の調子が悪く便秘や下痢を繰り返しがちな人は過敏性腸症候群の可能性があります。

過敏性腸症候群の場合、栄養吸収率も悪くなるので食べても食べてもなかなか太れません。

これは病気というよりも体質面のことなので食事内容を消化に良いものにするなどすれば改善が期待できます。

運動不足

運動不足は一般的に肥満の原因というイメージですが、痩せ型の人にとっては筋肉量の低下によって体重減の原因になることがあります。

また運動不足は自律神経系の働きを抑えてしまいホルモンバランスが大きく乱れてしまいます。

これも体重増加の阻害要因となります。

ストレス

ストレスは万病の素ですが消化器官にも強く影響するので太れない原因にもなります。

また自律神経にも悪影響がありホルモンバランスが崩れる要因でもあります。

睡眠不足

健康的に太るためには筋肉をつけなければなりません。

筋肉の増加には成長ホルモンは必須です。

その成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。

なので十分な睡眠をとれていない場合には筋肉はなかなかふえません。

関連記事

  1. 太る方法・体質改善

    食後の睡魔を回避!眠くならない食事術を紹介します!【太る方法・ハードゲイナー・メニュー】

    ハードゲイナーなどの太りたい人にとっては食事もトレーニングのうちです。…

  2. 太る方法・体質改善

    体重がなかなか増えない理由は過敏性腸症候群かも?【太る方法・ハードゲイナー】

    なかなか太ることのできない痩せ型の人は「過敏性腸症候群」という病気であ…

  3. 太る方法・体質改善

    寝不足はハードゲイナーの大敵?質の良い睡眠のためにできること【痩せ型・太る方法】

    もはや現代病でもある睡眠不足ですが、身体に悪いと分かっていてもなかなか…

  4. 太る方法・体質改善

    猫背はガリガリの原因?自宅で出来る改善法【太る方法・ハードゲイナー】

    痩せ型の人で猫背に悩んでいる人は多いです。筆者もばりばりの猫背でした。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 身体の仕組み

    筋肉痛を早く治す方法とは?【原因・治し方・予防法・筋トレ】
  2. 筋トレメニュー

    厚みのある力こぶを手に入れる!「上腕二頭筋」を鍛え方【筋トレ・メニュー】
  3. 筋トレメニュー

    姿勢保持効果も!「脊柱起立筋」の鍛え方【筋トレ・部位・自重】
  4. 筋トレのやり方

    クランチ(腹筋)のやり方を解説【筋トレ・自重トレーニング】
  5. 身体の仕組み

    筋トレによって増える「テストステロン」って何?【効果・男性ホルモン・モテホルモン…
PAGE TOP