筋トレメニュー

自重トレーニングとウェイトトレーニングのどっちが良いか!?【自宅・ジム】

筋トレは誰でも気軽に始められるものですが、

筋トレ初心者で「やっぱりジムに行った方が良いの?自宅でのトレーンングでも大丈夫?」と疑問を持つ人も多いでしょう。

自宅で出来るトレーニングは主に自重トレーニングです。

大がかりなマシーンはなかなか家に置けないですし、基本は腕立て、腹筋、スクワットなどでしょう。

自宅でやっている人の中には「器具のあるジムに行ってウエイトトレーニングしないとやっぱりだめなんじゃないか?」と不安な人もいると思います。

結論から言うと初心者は自重トレーニングでも十分効果は出ます。

ここでは自重とウエイトのそれぞれの特徴について紹介します。

違いは負荷の大きさ

自重トレーニングよりもウエイトトレーニングの方が優れているというイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし実際は両者の違いは「重さ」の違いだけです。

器具を使っても使わなくても筋肉に同じ負荷がかかるなら効果は同じです。

自重トレーニングの特徴

自重トレーニングは器具を使わないで自分の体重を使って行うトレーニングのことです。

代表的なのは腕立て、腹筋、スクワッドなどです。

自重トレーニングのメリット

・費用がかからない

自重トレーニングは器具を購入したりジムに通ったりする必要がないのでお金はいっさいかかりません。

・自宅で出来る

忙しい人だとジムに通ったりする時間を確保するのも大変ですし、面倒でもあります。

自宅ならば気軽に行うことができます。

・思い立ったらすぐ始められる

これは意外と重要です。習慣化するためには「とりあえず始めてみる」というのが大事だからです。

入会手続きも器具の購入の手間もいりません。

ただ思い立ったその瞬間から始めることができます。

自重トレーニングのデメリット

・負荷の大きさの限界がある

自重トレーンングでは自分の体重以上の負荷をかけることは出来ません。

ウエイトトレーニングの特徴

器具を使ったトレーニングのことです。

ダンベルのような比較的手軽なものから本格的なマシーンまで様々です。

ウエイトトレーニングのメリット

・負荷を変えられる

ウエイトトレーニングのメリットは何と言っても負荷が変えられる点です。

成長の度合いに合わせて重さを変えることでより効率的に鍛えることが出来ます。

・ピンポイントで鍛えることが出来る

トレーニングマシーンは特定の部位をピンポイントで鍛えられるように設計されています。

例えば腕立て伏せは胸筋、上腕二頭筋、下半身、体幹などに負荷が分散しますが、

ベンチプレスの場合全ての負荷が胸筋に集中します。

ウエイトトレーニングのデメリット

・費用がかかる

器具を購入するにせよジムに入会するにせよ費用が結構かかります。

大手のフィットネスクラブの場合、週2ペースで通うとだいたい月1万円くらいはかかります。

長期的に続けると考えるとなかなかの負担です。

・ケガのリスク

ウエイトトレーニングでは負荷が大きいためケガのリスクもあります。

特にダメージの蓄積による関節のケガには要注意です。

ケガを避けるには正しいフォームを学ぶ必要があります。

初心者は独学ではなくトレーナーに教わることをおすすめします。

筋トレ初心者には自重トレーニングがおすすめ

筋トレの初心者には自重トレーニングをおすすめします。

なぜなら筋肉の少ない時点で高負荷のウエイトトレーニングは意味がないからです。

腕立てが出来ない人がベンチプレスを上げられるわけがありません。

つまり自重の負荷でも十分効果が出るということです。

自重の負荷では足りなくなってきたらウエイトも導入する

トレーニングもある程度進んで筋肉も成長してくると自重トレーニングでは物足りなくなるかもしれません。

筋トレには「過負荷の原則」というものがあります。

筋肉が増えたらその分負荷を大きくしていかないとトレーニングの効果が出にくくなってしまいます。

トレーニングの進捗状況や経済的な事情を考慮して、必要であればウエイトトレーニングも導入してみると良いでしょう。

関連記事

  1. 筋トレメニュー

    姿勢保持効果も!「脊柱起立筋」の鍛え方【筋トレ・部位・自重】

    逞しい背中に憧れて筋トレをする男性は多いと思います。脊柱起立筋…

  2. 筋トレメニュー

    筋トレは毎日やる必要があるの?【頻度・部位】

    「筋トレは毎日やらなければ意味がない」と考えている人もいると思います。…

  3. 筋トレメニュー

    筋トレは「大きい筋肉」から鍛えるのがの基本【部位・順番・ハードゲイナー】

    筋肉はどの部位から鍛えたら良いのか?初心者が気になる問題のひと…

  4. 筋トレメニュー

    筋トレはやればやるほど効果がある?【重さ・回数・頻度】

    トレーニングは、回数を多くすればするほど効果が高くなる。そう考…

  5. 筋トレメニュー

    「筋トレのインターバルは短い方が良い」って本当なの!?【トレーニング・やり方】

    筋トレのメニューを組むときにセット間のインターバル(休憩時間)をどれく…

  6. 筋トレメニュー

    筋トレと有酸素運動の両方をやる場合は順番が大事!【効果・両立】

    筋トレと有酸素運動の両方をセットで行う人も多いと思います。特に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 筋トレメニュー

    筋トレはやればやるほど効果がある?【重さ・回数・頻度】
  2. 筋トレのやり方

    クランチ(腹筋)のやり方を解説【筋トレ・自重トレーニング】
  3. 筋トレメニュー

    筋トレは毎日やる必要があるの?【頻度・部位】
  4. 筋トレメニュー

    ウエストを引き締める!「内腹斜筋」の鍛え方【筋トレ・作用】
  5. 筋トレメニュー

    運動能力向上も!「大腿二頭筋」の鍛え方【筋トレ・部位・メニュー】
PAGE TOP